AKB48G情報おまとめ

AKB48を筆頭にAKB48グループ(SKE48、NMB48、HKT48、JKT48...ついでに乃木坂46)の記事をまとめているサイトです。

映画

HKT48の主演映画撮影開始か!? でも指原莉乃だけが動き回っている模様

1:2013/11/07(木) 02:41:26.79 ID:
ソースは指原の乱
2:2013/11/07(木) 02:42:22.75 ID:
ヲタもだしてくれよ
6:2013/11/07(木) 02:43:03.52 ID:
>>2
ただしイケメンに限る
続きを読む

AKB48大島優子のせいでSPEC映画が大ヒットなんですけど!

1:2013/11/05(火) 21:02:56.37 0 ID:
https://twitter.com/Hiroo_Otaka
「劇場版 SPEC~結(クローズ)~」が、大ヒットである。11月1~4日までの4日間で、興収8億8269万円を記録した。前作「SPEC~天~」(最終23億9千万円)のスタート時を50%近く上回る。
これは、ちょっと驚きの成績だ。千円デーの1日のみならず、土日月も好調に推移した。



AKB凄すぎワロタwwww
4:2013/11/05(火) 21:07:10.81 0 ID:
>>1
今回は映画の日1000円に公開して客を呼び込む戦略がよかったな
5:2013/11/05(火) 21:08:22.26 0 ID:
週末8億って
今年の映画では風立ちぬに続く超ヒットじゃん
続きを読む

NMB木下百花「18歳になったらSMクラブに行くと決めた」

1:2013/10/12(土) 00:26:17.23 ID:
https://plus.google.com/110219169108613831999/posts/5NmBBF6qEMf

木下百花
一般公開で共有しました - 0:00

松本人志監督の【R100】

3ー2 出席番号9番

木下百花

感想文

私は、皆が恥じらいを持ちながら、「SM!?嘘やろーえー!!」と言いながら映画鑑賞を拒み気味のメンバーを横目に、私は、興奮と緊張が冷めなかったです。

ずっと楽しみにしていた【SM】がテーマの作品だからです。

今までの松本人志監督の作品を全部見てきた私は、それもあって楽しみにしていました。

上映されている間、皆が目をそらす場面、私はしっかりと前のめりになりながらよだれを垂らし、見続けました。

この作品でわかったことは少なかったです。

めちゃくちゃだという印象が残りました。

でも私はそのめちゃくちゃが面白いと純粋に思いました。

最後に1つ、この映画を見て決めたことは、18歳になったらSMクラブに行って、新しい自分を切り拓くということです。

おわり
2:2013/10/12(土) 00:27:26.96 ID:
一回吊られなさいw
3:2013/10/12(土) 00:27:41.21 ID:
まじかよももたむ…
続きを読む

AKB48横山由依の人生を変えた映画は『ホーム・アローン2』らしい

1:2013/10/11(金) 23:03:59.71 ID:
【エンタがビタミン♪】AKB48・横山由依が映画『ホーム・アローン2』を語る。「行動することが大事だと気づいた」

 AKB48チームAの新キャプテンとなった横山由依が、テレビ『SUBARUDramaticcinema人生を変えた1本の映画』で影響を受けた映画に『ホーム・アローン2』を挙げた。大島涼花、高橋朱里などksgkと呼ばれるメンバーも映画『ホーム・アローン』を見ており、早くもキャプテンの影響を受けているようだ。横山由依はこの映画から何を学び、後輩たちに何を教えようとしているのか。

 10月3日の『大島涼花 Google+』で、「朱里さんのお誕生日会してるよ~。今はホーム・アローン見てる」とAKB48チームAの中でもksgk(クソガキ)と呼ばれる若手メンバーが集まった写真を公開している。彼女たちが映画『ホーム・アローン』を見ているのは意外だったが、横山由依がその映画について語ったことで納得できた。

 4日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)は『1位をとった名曲音楽祭』が生放送されたが、その合間に流れた『SUBARUDramati ccinema人生を変えた1本の映画』のゲストが横山由依だったのだ。

 彼女が人生で影響を受けた映画『ホーム・アローン2』は、1992年に公開された米国コメディ映画だ。同映画シリーズで主人公のケビン・マカリスターを演じたのが、当時子役だったマコーレー・カルキンである。ストーリーは、また10歳のケビンが泥棒たちを相手に奮闘して撃退するというものだが、横山由依はそのケビンの姿に「凄く行動力がある主人公で、『行動してみることが凄く大事』と気づいた」と語った。

 彼女はAKB48でも決して前にぐいぐい出てくるタイプでは無いが、以前はそれ以上に引っ込み思案だった。「学校では手をあげて答えるのが恥ずかしくてできなかった」ほどで、その横山がAKB48に合格して少しずつ引っ込み思案を直すことができたのは、映画の影響があったようだ。( >>2以降へ)
http://news.livedoor.com/article/detail/8131498/

動画


横山由依(20)
http://lh3.googleusercontent.com/-IKRHdxop6jA/UjsV3B0TiyI/AAAAAAAEsmI/aM77mIxajBo/w0/IMG_2304.JPG
2:2013/10/11(金) 23:04:31.04 ID:
>>1
 篠田麻里子がAKB48を卒業する時にチームAのキャプテンとして彼女を後継者に指名したのは、性格に負けずに行動して努力する横山を見てきたからだろう。

 その横山由依は、「今、AKB48は第2章に行く時期」とこれからを見つめる。「私ももっと新しいことをしたいと思うし、新しいメンバーの魅力をもっと引き出したいと考える。そのためには行動していかなければ」という彼女は、「この映画の主人公の行動力に影響を受けたのかなと改めて思う」とケビンに感謝していた。

 『Dramaticcinema』が放送される前日に高橋朱里の16歳の誕生日を祝った、大島涼花らチームAのksgkたちが「今はホーム・アローン見てる」と伝えていたのは、そんな横山由依の話を聞いたからだろうか。彼女たちも“行動すること”の大切さに気づいてくれるはずである。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)
4:2013/10/11(金) 23:04:53.44 ID:
maji?
続きを読む

元AKB48前田敦子が韓国・釜山映画祭に出席したところ、ドミノ倒しで阿鼻叫喚

1:2013/10/05(土) 19:28:58.44 ID:
前田敦子、釜山映画祭登場で大パニック

 女優前田敦子(22)が4日、韓国・釜山で開催中の釜山映画祭で行われた主演映画「もらとりあむタマ子」(山下敦弘監督、11月23日公開)公式上映に出席し、上映後には映画祭会場の外にある別棟2階のステージでトークショーを行った。

その後、約70人が前田のサインを求めて集まり、周囲を取り囲まれた前田は、スタッフにガードされて階段で1階に降りようとしたが、そこにも大勢の前田ファンが追いかけた。その中、1人の女性ファンがドミノ倒しのような形で倒れて泣きだしたり、悲鳴も飛び交うなど場内は非常に危険な状態となった。

 それでも前田は、何とか無事に会場を出て、関係者の車に乗り込んだ。韓国人の女性ファンから「かわいい。かわいい。また来てね」と言われると、「また来ま~す」と答えていた。(釜山=村上幸将)
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/NIK201310040239.html
http://s.cinematoday.jp/res/GA/2013/1005_04/v1380942950/04.JPG
http://s.cinematoday.jp/res/GA/2013/1005_04/v1380942950/03.JPG
続きを読む
ギャラリー
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
記事検索
PR
AKB48 LIVE!! ON DEMAND SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
当サイトについて
サイト内の文章・画像・動画等の著作権・肖像権は各権利所有者・団体に帰属します。各権利を侵害する意図は全くございません。

当サイトについてはこちらを御覧ください。
カテゴリー
最新コメント
お問い合わせフォーム