AKB48G情報おまとめ

AKB48を筆頭にAKB48グループ(SKE48、NMB48、HKT48、JKT48...ついでに乃木坂46)の記事をまとめているサイトです。

映画

木崎ゆりあが本格時代劇映画に出演

1:2014/06/18(水)06:05:13 ID:
人気アイドルグループAKB48の木崎ゆりあが、中井貴一、阿部寛、広末涼子らが出演する映画『柘榴坂の仇討』で本格時代劇に初挑戦したことがわかった。

映画『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集の一編を映画化した本作。安政7年、主君の大老・井伊直弼を桜田門外で暗殺された彦根藩士・志村金吾と、敵である佐橋十兵衛が、皮肉にも新政府によりあだ討ちが禁止となった13年後に刀を交えるまでを描く。金吾役を同じく浅田原作の『壬生義士伝』にも主演した中井が務め、阿部は十兵衛を、広末は金吾の妻セツを演じる。

戦国時代へとタイムスリップする高校生たちを描いた『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』に出演したこともある木崎だが、本格時代劇はこれが初。劇中では、広末ふんするセツと共に居酒屋で働く町娘のユキを演じ、念願だったという京都における撮影に参加した。

実力派キャストとの共演に木崎は「共演者の皆様の演技を間近に観ることができてとても勉強になることが多かったです」と喜びのコメント。当時のセリフ回しには苦労したようで「普段の言葉使いとは全然違うところは難しくて、たくさん怒られましたが、その分たくさん学ぶことがあり、お芝居ももっと上手になりたいなと思いました」と明かす一方で、貴重な経験に「和服、げたもすぐに慣れて心地良くなっていたので撮影が終わってしまうのが寂しかったです」と語っている。

同作には、19年ぶりの映画出演となる中村吉右衛門をはじめ、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、藤竜也らも出演。『沈まぬ太陽』の若松節朗監督がメガホンを取り、音楽を久石譲が担当するなど、一流のキャスト・スタッフが勢ぞろいしている。(編集部・入倉功一)

映画『柘榴坂の仇討』は9月20日より全国公開

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0063843

ソース:楽天WOMAN
続きを読む

松井珠理奈が『かぐや姫の物語』で「6回泣いた」

1:2013/12/02(月) 20:35:30.46 ID:
 宮崎駿監督(72)の映画「もののけ姫」のブルーレイディスク(税込み7140円)が4日発売されるのを記念し、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)と、公開中の映画「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)の西村義明プロデューサー(36)が2日、都内で対談イベントを行った。

 「もののけ姫」は、森を侵す人間と荒ぶる神々との対立を背景に、山犬に育てられた少女サンとアシタカの出会いを描き、1997年の興行収入1位を記録したヒット作。ジブリファンを代表し、SKE48の松井玲奈(22)と松井珠理奈(16)が花束を持って登場した。「もののけ姫」と同じ97年生まれと自己紹介した珠理奈は「私、『かぐや姫―』見て6回泣きました。喜怒哀楽すべての感情が全部出てたんですよ。すごい涙でした」と自分に重ね合わせ、感極まったという。

 「もののけ姫」公開時に小1だった玲奈は「ジブリ作品で一番好きなのはタタリ神です」と告白。「かぐや姫―」の鳥の鳴き声と合わせてヒロインが成長していくと指摘するなど熱心に語り、鈴木プロデューサーに「君はすごいな~」と驚かれていた。

 対談では、鈴木プロデューサーが「もののけ姫」のラストに当初の絵コンテになかった2つの場面が公開時に加えられたことを明かし、西村プロデューサーは「かぐや姫―」の最初の脚本段階で3時間半分もあったなど、制作秘話を語った。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131202-OHT1T00104.htm
「もののけ姫」ブルーレイ発売記念イベントに出席した(左から)松井玲奈、鈴木敏夫プロデューサー、松井珠理奈、西村義明プロデューサー
4:2013/12/02(月) 20:37:04.65 ID:
>>1
鈴木Pやけに嬉しそうだな
ドラゴンズファンなんだっけ
7:2013/12/02(月) 20:38:45.70 ID:
>>4
そうだね
優勝のとき絶体コメント寄せる
続きを読む

ジブリの鈴木プロデューサーが松井珠理奈に暴言「男をエサに生きていく感じ。君は優しくないでしょ?」

1:2013/12/02(月) 22:32:23.77 0 ID:
ジブリ鈴木プロデューサー SKE松井珠理奈に「男エサに生きていく感じ」

 SKE48の松井珠理奈(16)と松井玲奈(22)が2日、都内でスタジオジブリ映画「もののけ姫」(4日発売)ブルーレイ発売記念イベントに登場した。

 同映画の鈴木敏夫プロデューサー(65)と公開中のスタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)の西村義明プロデューサー(36)も出席。西村氏は「今日は言いたいことがあったんだ」と突然切り出し、「製作で、色をチェックする人間がAKBファンで、仕事をしないでプロモーションビデオばかり見ていたんです。本当にそれで製作が遅れたんですよ」と意外なエピソードを公開。

 スタジオジブリ作品の大ファンという珠理奈と玲奈は「そうなんですか? すいません…」と平謝りだった。

 「かぐや姫の物語」も2人は鑑賞済み。珠理奈は「6回泣きました。喜怒哀楽の感情が全部出ちゃいました」と興奮気味に話しする。

 そんな感想そっちのけで鈴木氏は「16歳なんだ? 歌を歌ってるの? 学校は行ってるの?」と質問攻めだ。さらに「君は気が強そうだな~。表面に出てる。男をエサに生きていく感じ。君は優しくないでしょ?」と言いたい放題の鈴木氏に対し、珠理奈は「言葉遣いはキツイかもしれませんけど、心は優しいですよ」と押されっ放しだった。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/210266/
2:2013/12/02(月) 22:33:32.67 0 ID:
男を餌に生きていく
それがアイドル
8:2013/12/02(月) 22:37:35.66 0 ID:
優しくないでしょ?ってすげーな
続きを読む

SKE48にドラマ・映画の仕事が来ない問題

1:2013/11/28(木) 12:10:37.12 ID:
女優志望が多いSKEに演技の仕事が一番来てないという問題

今年あった演技系の仕事は
・総選挙の特典企画で柴田がドラマで脇役出演
・本店企画のてんとうむちゅで北川が深夜ドラマに出演
・ゴールデンの特番ドラマに珠理奈が出演

これだけ。
去年まではマジカルラジオがあったけど今年はバラエティだったので
舞台ゼロ、映画ゼロ、この3人以外はドラマもゼロ(来年は高柳が映画出演予定)。


NMBは去年は吉本制作の関東ドラマとげいにん、今年はげいにん2、げいにんムービー、来年は岸野が大きめの舞台仕事出演予定
HKTは映画・・・は無くなったみたいだが、九州でローカルドラマ2本
乃木坂は月9とかゴールデンドラマ出まくり、年1回演劇イベント有り

オーディション解禁とか言ってたのに演技系のオーディションを受けた報告は1件も無い

コンサートやタイアップが増えたのはいいけど、女優志望のメンにはあまりにも将来が無い環境
やっぱり芝も無能なの?
3:2013/11/28(木) 12:14:50.32 ID:
>>1
だんらんいれろやふぅふぅ
6:2013/11/28(木) 12:16:46.63 ID:
>>3
NMBがやってたローカルドラマか
知らなかったサンクス
続きを読む

メガネをかけた川栄李奈もカワイイ・・・やっぱりバカだけど。

28:2013/11/27(水) 01:43:47.08 ID:
川栄李奈
一般公開で共有しました - 1:40



今日は寝る準備満タン

さぁ。

録画してた火垂るの墓を見よう。

では。

続きを読む
ギャラリー
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
記事検索
PR
AKB48 LIVE!! ON DEMAND SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
当サイトについて
サイト内の文章・画像・動画等の著作権・肖像権は各権利所有者・団体に帰属します。各権利を侵害する意図は全くございません。

当サイトについてはこちらを御覧ください。
カテゴリー
最新コメント
お問い合わせフォーム