AKB48G情報おまとめ

AKB48を筆頭にAKB48グループ(SKE48、NMB48、HKT48、JKT48...ついでに乃木坂46)の記事をまとめているサイトです。

岩佐美咲

AKB48Gメンバーが握手会で「まどか☆マギカ」のコスプレを披露【画像あり】

1:2013/12/03(火) 21:01:02.54 ID:


 AKB48の岩佐美咲が1日、自身の公式ブログでアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のコスプレ姿を投稿した。

 これは、同日に開催されたAKB48「ハート・エレキ」劇場版発売記念大握手会で披露されたもの。岩佐は、同グループの佐藤亜美菜、SKE48の竹内舞、NMB48の木下百花、三田麻央とともに、同アニメの登場キャラクターのコスプレを行った。今回の握手会について、岩佐は

「握手会ありがとうございましたあああああ まどマギコス楽しすぎた...!」

と感想をつづっている。


 これに対しインターネット上では「みんなかわいい」「完成度高い」などのコメントが寄せられている。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/gree_155792

岩佐美咲ブログ|☆魔法少女降臨☆
http://ameblo.jp/misaki-iwasa/entry-11715888735.html
2:2013/12/03(火) 21:04:54.48 ID:
亜美菜可愛いのぅ(´・ω・`)
3:2013/12/03(火) 21:05:26.78 ID:
うわああああああ
続きを読む

渡り廊下走り隊が解散!クリスマスにベストアルバムを発売し、5年の活動に終止符

1:2013/11/14(木) 05:41:17.63 ID:
 AKB48の渡辺麻友(19)らが所属する派生ユニット、渡り廊下走り隊が解散することが13日、分かった。昨年ソロデビューした渡辺ら個々の成長などを理由に解散を決め、12月25日にベスト盤(タイトル未定)の発売をもって約5年間の活動に終止符を打つ。渡辺は「自分が自分らしくいられる楽しい場所でした。ワロタ(ユニットの略称)のこと、忘れないでください!」と呼びかけている。

 AKBで唯一の“妹系”派生ユニット、渡り廊下走り隊が、約5年間の活動を終える。

 渡り廊下-は2008年10月、学校生活をコンセプトに当時中学生や高校生だった渡辺麻友(19)、仲川遥香(21)、多田愛佳(18)、平嶋夏海(21=脱退)の4人で結成。

 “ワロタ”の愛称で明るくかわいらしいパフォーマンスで人気を集め、メンバーの加入や卒業を繰り返しながら、発売したシングル10枚、アルバム1枚がすべてオリコントップ10入りを果たした。AKBの大ブレークとともに、メンバーは個々でも活躍した。

 昨年は、センターのまゆゆこと渡辺がソロデビューし、10年加入のわさみんこと岩佐美咲(18)も演歌歌手としてソロデビュー、仲川はインドネシア・ジャカルタのJKT48、多田は福岡のHKT48へ移籍。

 メンバーがそれぞれの道を歩み始めており、関係者は「結成時は学校生活を掲げていたが、全員が高校を卒業。それぞれの個性も花開きユニットとしての役目を終えた」と解散理由を明かした。

 解散公演の開催は未定だが、12月25日に初のベスト盤発売をもって解散する。全46曲を収めたCD3枚とミュージックビデオやライブ映像などを収録したDVD2枚の計5枚組となり、5年間の活動の集大成となる。

>>2
に続く

http://www.sanspo.com/geino/news/20131114/akb13111405040002-n1.html

クリスマスに解散する渡り廊下走り隊の左から平嶋夏海、菊地あやか、仲川遥香、渡辺麻友、多田愛佳、岩佐美咲、浦野一美
2:2013/11/14(木) 05:41:25.16 ID:
 渡辺は「すごく居心地が良くて、自分が自分らしくいられる楽しい場所でした」とユニットへの思い入れを吐露。多田が「強いて言えば私の青春」と言えば、昨年2月にAKBを脱退した平嶋も「AKBが仲間ならワロタは姉妹」と表現。
仲川は「これからは違う場所で成長した姿を楽しみにしていてほしい」と今後の飛躍を誓った。

■渡り廊下走り隊
 AKB48の総合プロデューサー、秋元康氏が手がけ、1980年代に活躍したおニャン子クラブの「うしろ髪ひかれ隊」の妹分ユニットとして2008年10月に渡辺麻友、多田愛佳、仲川遥香、平嶋夏海で結成。09年1月にデビューし、10年3月に菊地あやか、同6月に岩佐美咲、小森美果さんが加入し、渡り廊下走り隊7となる。
12年2月にリーダーの平嶋が脱退し、元AKBの浦野一美が暫定メンバーで加入。今年7月に小森さんがAKBを卒業し、8月に芸能界を引退した。

■AKBグループの派生ユニット
 現在、渡り廊下走り隊を含めて5組。
高橋みなみ(22)、小嶋陽菜(25)、峯岸みなみ(20)のノースリーブス、大島優子(25)、指原莉乃(20)、北原里英(22)、横山由依(20)のNot yet、柏木由紀(22)、倉持明日香(24)、高城亜樹(22)のフレンチ・キス、宮澤佐江(23)、梅田彩佳(24)らのDiVAがある。
54:2013/11/14(木) 07:03:54.52 ID:
>>2
AKBグループの派生ユニット

NO NAMEは?
続きを読む

AKB48の演歌歌手・岩佐美咲が快挙! 10代でアルバムTOP10入りは約36年ぶり

1:2013/11/13(水) 01:02:24.79 ID:
演歌歌手のAKB岩佐美咲が快挙、10代でアルバムTOP10は約36年ぶり。

 AKB48初の演歌歌手・岩佐美咲(18歳)のカバーアルバム「リクエスト・カバーズ」(11月6日発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)が発売初週で0.7万枚を売り上げ、11月18日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:11月4日~10日)で初登場9位を獲得した。オリコンが1970年1月にランキング発表を開始して以来、10代演歌歌手によるアルバムTOP10入りは、藤圭子(1970年)、森昌子(1972年)、三善英史(1972年)、石川さゆり(1977年)に続き35年10か月ぶり、史上5人目の快挙で、初登場でのTOP10入りは10 代の女性演歌歌手として史上初の記録となった。

 なお、女性演歌歌手によるアルバムのTOP10入りは、2010年5月31日付けで8位となった、坂本冬美「LoveSongs~また君に恋してる~」(2009年10月発売)以来3年半ぶり。演歌歌手の初アルバムでのTOP10入りは、2008年7月7日付けのジェロ「カバーズ」(2008年6月発売)以来、5年4か月ぶりとなる。

 本作「リクエスト・カバーズ」は岩佐美咲が初めてリリースするソロアルバムで、ファン投票により選ばれた1位の「赤いスイートピー」(松田聖子)、2位の「時の流れに身をまかせ」(テレサ・テン)など全12曲が収録されている。
http://news.livedoor.com/article/detail/8242735/
6:2013/11/13(水) 01:06:13.21 ID:
ほほう
11:2013/11/13(水) 01:15:27.87 ID:
やるやん
続きを読む

AKB48の田名部生来がぐぐたすでエロ失言

1:2013/08/09(金) 11:11:39.03 ID:
岩佐美咲
一般公開で共有しました - 8:17
#おはよう

おはようございます(((o(゚▽゚)o)))

アニメあの花の、
安城鳴子ヘアーのすみれと?



森川彩香
髪の長さぴったりですね。

数秒前 - 8/9 8:19

田名部生来
あなる!
3 分前 - 8/9 9:29
2:2013/08/09(金) 11:13:27.70 ID:
これはワロタwwwww
4:2013/08/09(金) 11:18:01.45 ID:
マジだったw
続きを読む
ギャラリー
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • SKE古川愛李の卒業理由ってこれ?
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 【SKE48】古川愛李が卒業発表
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 小谷里歩がAKBスタッフと間違われる
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
  • 求婚してきたファンを一蹴する秋吉優花
記事検索
PR
AKB48 LIVE!! ON DEMAND SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
当サイトについて
サイト内の文章・画像・動画等の著作権・肖像権は各権利所有者・団体に帰属します。各権利を侵害する意図は全くございません。

当サイトについてはこちらを御覧ください。
カテゴリー
最新コメント
お問い合わせフォーム